2014年5月31日の近畿地区会総会での決議を受けて、日本生態学会自然保護専門委員会は、2014年7月2日に、アユモドキ等希少生物の生息場所での開発行為の一時停止と綿密な環境影響評価の実施、そしてそれに基づく事業の科学的、合理的な見直しを求める要望書を、京都府と亀岡市長に提出しました。詳細は以下のリンクをご覧ください。

⇒ 要望書の全文はこちら