Kinki Branch of Ecological Society of Japan

近畿地区会自然保護専門委員会会則

  • HOME »
  • »
  • 近畿地区会自然保護専門委員会会則

近畿地区会自然保護専門委員会会則

第1条(名称) 本委員会は日本生態学会近畿地区会自然保護専門委員会という。

第2条(目的) 本委員会は、日本生態学会近畿地区会の自然保護に関する専門委員会であり、近畿地方における自然環境の保全と生物の保護を図り、それに関わる知識や情報の普及・啓発を進めることを目的とする。

第3条(活動) 本委員会は、次の活動を行う。
1. シンポジウム、講演会、討論会、見学会などの開催。
2. 関係機関への自然環境保全や生物の保護に関わる提言や意見書、要望書の作成・提出とそのアフターケア。
3. 近畿地区会委員会からの委嘱事項。
4. その他、本委員会の目的遂行のために必要な活動。

第4条(委員) 本委員会の委員は、原則として、日本生態学会の会員で所属地区が近畿地区である者とし、本委員会で選任され、日本生態学会近畿地区会委員会で承認された者とする。

第5条(任期) 委員の任期は2年とするが、再任を妨げない。

第6条(委員長) 委員長は委員の互選によって選出し、日本生態学会近畿地区会委員会で承認された者とする。

第7条(委員会) 本委員会は、委員長が招集し、本会の運営や活動などの重要事項について審議し決定する。委員会は委員の過半数(委任状を含む)の出席によって成立し、議事は出席委員の過半数の賛成によって決定する。委員長が必要と判断した場合、本委員会には、委員以外の者を列席させることができる。委員長が緊急の議案であると判断した場合、電子メール等の手段を用いて審議し、委員の過半数の賛成によって議事を決することができる。

第8条(会則の変更) 会則の変更は、本委員会の議を経て委員の過半数の賛成により日本生態学会近畿地区会委員会及び総会に提案され、承認されることを必要とする。

第9条(会則の適用) この会則は、2009年12月13日から適用される。

付則 従来の会則の紛失のため,この会則は、本委員会によって新たに作成され、同年12月13日の地区会委員会と総会で承認された。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.